そらいろの病院 神奈川病院 ロゴ
文字の大きさの設定文字の大きさを一段階小さく文字の大きさを標準に戻す文字の大きさを一段階大きく
  • サイトマップ
  • 個人情報保護方針
  • お問い合わせ
  • お電話:0463-81-1771
  • 交通案内

独立行政法人 国立病院機構 神奈川病院 ロゴ

|診療部門のご案内|看護部|看護単位|

看護単位

チーム医療が活発に行われ、必要に応じてカンファレンスを実施しています。

病棟ではチーム医療が活発に行われ、必要に応じてカンファレンスを実施しています。
急性期から在宅医療まで視野に入れて治療計画を立て情報を共有し、医師・看護師・薬剤師・管理栄養士・理学療法士・地域の訪問看護師などの多職種が個々の専門性を発揮しています。

看護方式:固定チームナーシング・受け持ち制看護

 『一人ひとりの看護師が輝くように』日々楽しく看護をしています。

1病棟 2病棟 3病棟 5病棟
6病棟 7病棟 8病棟 外来
透析室 手術室    

1病棟 循環器内科・内科・呼吸器内科・オーバーナイトベッド

〜ハートフル看護〜

オーバーナイトベッドもあり、多様な病状に対応しています。
社会や家庭に早く復帰できるように、充分な説明と最大の支援を心がけています。
看護スタッフの笑顔・やさしさ・チームワークを大切にしている病棟です。

2病棟 整形外科・脳神経外科

〜患者さんに寄り添う看護〜

2病棟は整形外科・呼吸器外科の病棟です。
整形外科が主となっており、骨折・腰痛・頸椎疾患の患者さんが多く入院しています。
緊急入院・手術・リハビリと急性期から回復期まで継続した看護を行っています。
患者さんが安全・安楽に入院生活が送れるように、医師・理学療法士・作業療法士・メディカルソーシャルワーカーと連携し、チーム医療に取り組んでいます。

3病棟 結核

〜やさしい笑顔でハートにアプローチ〜

結核看護は患者さんのあらゆる面での「自立支援」が大きな柱です。
その中で、結核の治療は、服薬による化学療法が重要で、看護師は服薬管理に向けたサポートを入院時より行っています。
また、長期的な入院に対して、症状だけでなく、日常生活全般にわたり、患者さんやご家族の多様なニーズを察知し、退院後のよりよい生活に向けた援助といつも笑顔を心がけています

5病棟 呼吸器外科・消化器外科・小児科

〜笑顔を大切にしたハートフル看護〜

呼吸器外科・消化器外科・小児科の混合病棟で48床です。
昨年の手術は174件で、看護師は手術前・後、退院に向けて指導に力をいれています。
皮膚・排泄ケア認定看護師を中心にストーマケア、創傷ケアの充実を図っています。
小児科の特徴は、アレルギー性疾患の長期療養児を保育士と協力し看護しています。
夏季休暇は病院に隣接している養護学校のプールに引率しますが、子供より看護師の方楽しんでいる?活気ある病棟です。

6病棟 地域包括ケア

〜退院支援に全力投球!〜

6病棟に1歩足を踏み入れたなら、明るく、元気に働くスタッフの様子が、すぐにおわかりいただけると思います!
私たちは、地域包括ケア病棟として急性期を脱した患者さまの自立・退院支援を、多職種で協働しながら、真心込めて実践しています。
チームで実践した継続ケアが実を結び、無事に退院日を迎えられた患者様の笑顔はかけがえのないものです。
私達と一緒に在宅支援看護に取り組んでみませんか。

看護方式

7病棟 重症心身障害児(者)

〜患者さんも看護師も和気あいあいで〜

今年度は「重心看護の専門性の追求」を目標に、摂食・嚥下リハビリテーション、呼吸リハビリテーションに取り組んでいます。
特に摂食・嚥下については、医師・療育指導室・栄養科・リハビリテーション科と協働し、勉強会を重ねチーム力をアップしています。
わずかな変化を見逃さないよう患者一人一人の個性をとらえ、成長発達をはかるために患者様の日常ケア・療育・健康管理を実践しています。

8病棟 重症心身障害児(者)

〜あなたの思いは手から伝わってきたから大丈夫だよ〜

8病棟は重症心身障害児・者病棟で、主に脳性麻痺、てんかん、周産期脳症の患者様が入院しています。
私達は「いかなる障害児・者も一人の人間としての尊厳を認め、共に生きる」という看護の原点に立ち、言葉で伝えられない患者様の思いに応えられるよう、他職種と力をあわせ、患者様の健康管理と安全で快適な生活環境づくりに取りくんでいます。

看護方式

透析室 透析

〜高い技術と優しい看護の提供〜

透析室では看護師、臨床工学技士と総勢7名のスタッフがいます。
「安全・安心な透析」をモットーに患者さんからの信頼を糧に、頑張っています。
疾患の多くが、糖尿病由来の慢性腎不全で、食事管理・体重管理が大切になります。
透析の技術はもちろん、医師の指示のもと、除水量、速度設定など、臨床工学技士、看護師との、チームワークで、丁寧に患者さんに関わり、セルフケアの向上をめざしています。

看護方式

手術室

〜いつも患者さんの傍に〜

当手術室では肺癌や気胸に対し侵襲の少ない胸腔鏡の手術、消化器では腹腔鏡下胆嚢摘出術、大腸切除術などが行なわれています。
整形外科では変形性関節症に対する人工関節置換術や骨折の観血的整復固定術が多く行なわれ、バネ指、まき爪など外来で行なえる手術にも対応しています。
手術室スタッフは安全に手術が行えるように日々、知識と技術の向上に努めています。
病棟看護師と共に患者さんの思いに寄り添った看護の提供に努め「マスクを取って笑顔で挨拶」を合言葉に、患者さんが安心できるよう笑顔のコミュニケ―ションも大切にしています。

看護方式

外来

〜チームワークで気配り・心配りの看護を〜

外来では、施設の理念である「地域の皆様から信頼される病院づくり」を目指して、地域連携室や医事課と連携しながら、患者さんがスムーズに診療が受けられるよう努力しています。
外来受診という限られた時間の中で、患者さんが抱えている苦痛や不安を理解し、安全かつ安心して治療や検査を受けられるよう、声かけや細やかな配慮を心がけて看護にあたっています。

看護方式
職員募集
地域医療連携室
奨学金制度
看護部紹介
              
              

ページ上部へ